前へ
次へ

パネルのiphone修理の際には材質にも注意

iphone修理には色々な部分の修理がありますが、その中で多い部分がパネルです。
落下させてしまいパネルにひびが入ってしまった、飼っているペットなどに引っ掻かれるなどして傷が付いてしまったなどという理由でパネルを治してもらいにiphone修理店に持ち込んだり、自分でiphone修理にチャレンジするという人も少なくありません。
そんなiphone修理のパネル交換の際には、パネルのグレードについても注意しなくてはなりません。
どれも同じように見えてパネルにはグレードが決められているので、それらの特徴などを知って思っていたものとは違ったということを無くす必要があります。

まず、その種類の1つに純正品があります。
その名の通り、メーカーから発売されている正規品で、パネルの種類の中では最上級のグレードになります。
次に、再生品という種類があります。
これは元は純正品ですが、古くなって回収された純正品をリユースにより再利用したものとなります。
最後に、サードパーティー品というグレードのものがあります。
これは、純正品と同じような材質や製法で作られた正規のメーカー以外が製造した製品の事を言います。
この中で、純正品のパネルが欲しいという場合には正規の修理店でのiphone修理が必要となります。
非正規店での修理を行う場合などはほとんどがサードパーティー品のパネルになる事がほとんどです。
このサードパーティー品は純正品に比べて安価ですが、その分品質的に落ちることが多いです。
どうしてもパネルにこだわりがあるという人は正規でのiphone修理を行う事をおすすめします。
また、サードパーティー品の中でもグレードがあり、修理する店によりどのグレードのものを使っているかはまちまちのため、iphone修理をしてみないと分からないという側面もあります。
どうしても良いパネルを使用している所を知りたいといった場合には直接問い合わせをする必要があります。

Page Top